7/2(土)-ヴィーナスリーグジャイアンツ杯 VSエイジェック戦 試合詳細

日時
7/2(土)
対戦相手
ヴィーナスリーグジャイアンツ杯 VSエイジェック
会場名
光スポーツ公園野球場
試合結果
1-6
バッテリー

田中(露)選手4回、泰選手2回-坂口選手

 1234567
ZENKO BEAMS00000011
エイジェック001203×6

試合コメント

ZENKO BEAMS:星野

7月2日ヴィーナスリーグ第8戦
対戦相手はエイジェックさん🔥

待ち望んでいたエイジェック戦は実力派投手同士の対戦となりました。
『守りで0点に抑えれば負けない。そして何とか1点を捥ぎ取る』が今日のチームプラン。

試合は両チームとも得点を奪えない予想通りの展開で迎えた3回裏、打ち取ったフライを捕手が落球(出塁)させた辺りからバッテリーのテンポとリズムが変わります。
その走者をヒットと犠飛で生還させたエイジェックさんが1点を先制します。
4回裏、粘投していた先発田中(露)選手も先頭から3連打に暴投が絡みこの回2失点...。
6イニングで7度あった内野フライでアウトを3つ(記録は1失2安)しか稼げなかったこともバッテリーの負担になったかもしれません。

野村克也さんがチームの強化要素としていつも言っていた言葉『勝敗の7割以上をバッテリーが握る』
勝敗の鍵は、やはりバッテリーが握っていると改めて感じた試合でした。

中島監督からのコメント↓↓
力の差を見せつけられた悔しい試合となしました。
先発した田中(露)は立ち上がりから毎回ランナーを背負う苦しい展開となり、守備から流れを作ることが出来ずにゲームの主導権を握られてしまいました。
中継プレーや、声の連携ミスなども重なり、防げた失点もかなりあったと思います。

また、相手投手の強いストレートを終盤まで捉えることが出来ず、力負けしてしまいました。
好チーム、好打者、好投手に対してどう対応していくかがこれからの課題です。
前を向いてまた練習に励みたいと思います。

応援してくださった皆様ありがとうございました!

これでリーグ戦の戦績は8試合3勝3敗2分、残り2試合も目的を持ち、勝ち越しという結果で皆さんに応えたいと思います。
引き続き応援の程、宜しくお願い致します!!

年間スケジュール

TOP