10/22(土)-2022年間女王決定トーナメント VS秀明八千代高等学校戦 試合詳細

日時
10/22(土)
対戦相手
2022年間女王決定トーナメント VS秀明八千代高等学校
会場名
田ヶ谷サンスポーツランド
試合結果
7-3
バッテリー

安武選手4回、藤田選手3回-坂口選手6回、小林選手1回

 1234567
秀明八千代高等学校1200
0003
ZENKO BEAMS
110230×7

試合コメント

ZENKO BEAMS:星野

10/22 (土) VS秀明八千代高
全日本選手権(伊予銀行杯)を終え多くのチームが来季を見据えた布陣で臨むこの大会。1回戦の秀明八千代高も1.2年だけのチーム編成での出場ですが内野手のボール回しやキャッチャーの掛け声を見てキビキビとした好印象のチームです。

試合はビームス先発の安武が初回2死から連続長短打で先制を許すと、2回には3長短打を浴び序盤で3失点。
以降は低めにボールを集め無失点に抑えますが4回5安0四2振3失と振るわない投球内容… 味方打線が1.2回に1点ずつ返すも4回表まで2対3とリードされます。
そして5回からは秀明八千代高出身の藤田が登板、5.6.7回を1安打0失点に抑え試合を作り直し後輩の前で社会人4年目の違いを見せました。
今日は地力で優っていないとならないビームス、4回以降は相手の四球やミスに乗じて逆転し7対3で2回戦進出を決めました。打線は8安打ながらタイミリーヒットが5本と効率よく加点。
内永・依田が共に2打点と全体的にも普段の練習を試合に上手く繋げられている印象を持ちますが漫然と凡退する打席も見られるので次戦の尚美学園大には改善して臨みたいと思います。

なお、今日の試合では山口(クラーク国際高・1年目)が6回裏2死1.3塁の場面に代打で公式戦初出場、惜しくも初打席は左飛でしたが最終回の守備では2個のサードゴロを軽快に捌き周囲とスタンドに来季に期待を抱かせるプレーでアピールしました。

応援に来て下さった皆様ありがとうございました!
次の試合に向け気合を入れて、頑張ります🔥
応援の程、宜しくお願い致します!!

年間スケジュール

TOP