2016/09/1

ZENKO_BEAMS プロジェクトとは?

0269

社会人企業チームとして誕生したZENKO_BEAMSは仕事と野球の両立を目指した女子硬式野球チームです。野球はやりたいが将来が不安、就職はしたけど休日しか野球が出来ない、そんな不満を抱えている選手は多いのではないでしょうか。野球と仕事の両立を実現するというコンセプトでスタートしたZENKO_ BEAMSの1年目を取材してきました。

練習前の監督ミーティング

0001

ZENKO_BEAMSでは土日の公式戦が全て出勤扱いとなるそうで、その振り替え休日として平日に選手全員が揃っての練習ができるそうです。メインとなる練習場の ふじみ野球場 や 福岡高校跡地グラウンド を使用して、熱のこもった練習が行われていました。

平日の練習風景

IMG_5260  IMG_3250

仕事が終わってから夜間にかけての練習や雨天時の室内練習場の確保は、地元を中心に学校関係者や多くの『野球人』の方々とのご縁により、設備の整った施設を借用させていただいたり、所沢の営業所に夜間照明付きの簡易な練習スペースを造ったりと、十分な練習が出来ているそうです。

所沢インター営業所の練習スペース

所沢練習4

雨天の室内練習風景

IMG_5655  IMG_5661

仕事帰りのスポーツジム前で                      IMG_5576

スポーツ選手として重要な体力作りは、仕事帰りやオフの日にスポーツジムに通っているとのこと。もちろん会社が契約しているジムなので、選手の負担はなく無料で使用でき、専属トレーナールートヴィガー との提携により、個々の体力に合わせたプログラムで体づくりをしているそうです。また怪我のケアサポートも万全とのことで、選手が試合や練習に集中して取り組める環境が整っているとのことです。

専属トレーナーによる試合後のケアサポート

0007      0019

BEAMS専用の移動車両

ビームス号1

ZENKO_BEAMSの専用社宅内にはミーティングルームが設けられ、試合後の反省会や野球戦略の話し合いなどで利用できるようになっています。また選手寮の屋上にはマットが敷き詰められ、夜間でも素振りなどの練習が行えるスペースを設けています。特に地方出身の選手が野球と仕事に専念出来るように、これからも選手の生活環境を整えて行きたいと考えているそうです。

ファンテーヌ3
BEAMS専用女子寮

ZENKOグループでは、働きながら好きな野球を続けていく『仕事と野球の両立』という価値観を共有できる選手を社員としています。選手たちが将来の不安なく野球を続けられるよう、そして女子力を活かした仕事も頑張ってもらえるよう様々な環境をこれからも整えていくとのことでした。

 

屋上③
    女子寮の屋上

また、女子野球の発展と選手たちの将来を考え、企業チームとして出来ることは『子育てをしながら仕事も続け、かつ大好きな野球に関わっていける』といった将来のライフスタイル・ライフワークをしっかり確保・確立することであると考えているそうです。

 

選手たちの仕事は事務関係、施設の受付や各所での警備など、多種多様な仕事から自分の能力を活かした仕事に付けるのもZENKO_BEAMSの魅力ではないでしょうか。野球以外でも自分らしさを大切に、女子力を発揮する場面が必ず見つかるはずです。

IMG_3048  012

 

007

夢に向かって走り出した   ZENKO_BEAMS  今後の活躍に注目です!!!

770A7874修正

取材:HP委員会

一覧に戻る
TOP